みどりのなかのジュール

https://review-blog.work

乳児・幼児 読んであげたい本 絵本 小学生(1、2年)低学年

夢を叶える色って素敵だなあ~みどりのなかのジュール(感想・レビュー)

今日のおすすめ本

みどりのなかのジュール
ジェローム リュイリエ(著), J´erome Ruillier(原著), 結城 昌子(翻訳)

鮮やかな色と温かみのある画風がお気に入り

みどりのなかのジュール」は私の大好きな絵本です。

画像ではわかりにくですが、表紙は緑色が主に使われていて、ポイントで人物と赤い鳥が描かれている構成です。手にとって見るとよくわかりますが、「緑色」と言っても、さまざまな色があり、とても表情豊かです。深くて濃い緑や黄緑色のような明るめの色など、幅があることがわかります。

本編を読み始めると、緑から始まってさまざまな色の画面を経て、また緑に戻ってきます。緑に戻ってくることには意味があります。主人公のジュールが気づいたことを、子どもたちにも感じ取ってほしいなと思いました。

それぞれの色の特徴を活かした、よく考えられた構成

始まりは緑色で、その後は赤→灰色→黒→黄色→青→緑→エンディング、という構成になっています。

この色の流れはよく考えられているなと感心してしまいました。緑の反対色は赤です。そのため、緑色のページを見た後に反対色の赤のページをみると、より赤色が鮮やかに見えるのです。また、色が切り替わるときも、いきなり次のページから色が変わるのではなく、2色を使って描かれたページが間に入っていて、なるほど…と思いました。とても鮮やかなので、目でも楽しめる絵本です。

本編とは関係ありませんが、表紙は緑で、裏表紙は鮮やかなオレンジです。これもハッキリした対比になっていておしゃれだなと思いました。

退屈だったジュールが気づいた大切なこと

青のページでジュールは「青はゆめをかなえる色だ」と言っています。夢をかなえる色だなんて素敵ですよね。退屈だったジュールは、冒険をしながらさまざまな色に出会いました。そして、緑色の自分の家に帰ってからは、もう退屈ではなくなったのです。

ジュールが気づいたことは、ささいなことかもしれないけど、とても大切なことだと私は思いました。もしかしたらこの絵本は、子どもよりも大人向きの絵本かもしれません。

年齢問わず、おすすめしたい一冊

手書き風の文字で書かれていて、温かみのある雰囲気の絵本です。漢字混じりの文ですが、ふりがな付きなので子どもでも読みやすいです。文は短いので読み聞かせもしやすいです。

目を引く色づかいで、絵を見るだけも楽しめるので乳幼児にもおすすめです。

我が家では、どんべーくんが2歳~幼稚園のころによく読んでいました。気に入って何度も繰り返し読んだ思い出の絵本です。

どんべー(ぼく)
色がきれいだよ

『みどりのなかのジュール』の情報はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

マペ(お母さん)

息子(どんべー)が小さい頃、1000冊以上読み聞かせをしました。せがまれて一冊を何度も読んだので、読み聞かせの回数は1万回を超えるのではないかと思います。最近は読み聞かせの機会も減ってしまい、ちょっとさみしいような楽になったような。

-乳児・幼児, 読んであげたい本, 絵本, 小学生(1、2年)低学年
-, ,

© 2022 ぼくとお母さんの読書日記・レビュー Powered by AFFINGER5